プレゼント

母の日の由来

今では国民のイベントとも言えるクリスマスやバレンタインなどと同じようなイベントとして知られている【母の日】ですが、その由来はいくつかありますが、
国によっても違いがあると言えます。

古代ローマで神々の母であるリーアに感謝する為の春祭りから発祥したとされているものや、イギリスではイースター(復活祭)の40日前の日曜日を【Mothering Sunday】と呼び、
里帰りの日曜日の意味を持ち、1600年代に主人が使用人を里に帰らせる日としたことが始まりとされているものもあります。

また、20世紀初頭のアメリカで発祥されたとされるものもあります。
1905年5月9日にフィラデルフィアに住むアンナ・ジャービスが母の死に直面し、1908年にアンナが「亡き母を追悼したい」という想いから、
教会でアンナの母が生前好きだった白いカーネーションを配り、この風習がアメリカ全土に広がり、1914年には当時のウイルソン大統領が5月の第2日曜日を【母の日】と制定し、
アメリカでは国民の祝日となりました。
母が健在であれば紅いカーネーションをプレゼントし、亡くなっていれば白いカーネーションを飾るというようにカーネーションを送る風習へ変化しました。
現代の日本の母の日の由来は、アメリカから来たものだと思われるでしょう。

日本で初めて母の日を祝ったのは明治末期頃であり、昭和に入ると当時の皇后のお誕生日である3月6日を母の日としたこともありましたが、
1937年に森永製菓が告知を始めたことをきっかけに現在のように5月の第2日曜日となったといわれています。
また、お母さんに感謝をするという気持ちを贈るという想いはかわりませんが、カーネーションに限らずにガーベラやバラなども選ばれることが多く、
スイーツやアクセサリー、お酒などお母さんの趣味に合わせた贈り物をするという傾向もあります。